神戸市消防局 情報写真館 管理人ブログ

神戸市消防局情報写真館の管理人ブログです。 新HP「神戸市消防局情報写真館」も、略称は今まで通り「神消写真館」です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは、北33です。

こんなリアルタイムの更新なんて私としては珍しいのですが、先ほど事故に出くわしまして。
交通安全について改めて考える機会になったのと、今回自分の対応に対する反省の意味を込めて書いてみようと思います。



・・・事故の話が長々と書いてあるので、興味のない方は読み飛ばして一番下の「最後に」だけご覧下さい・・・



先ほど28日午後10時30分頃、北区から西区へと向かうために友人を乗せて神戸淡路鳴門自動車道を走っておりました。

布施畑IC手前でトンネルに入ったところで、前方に何やらこちらを照らす光が。
ん?なんだ?と思って見ると、その光のさらに手前に左の側壁に激突した軽自動車が!
周囲には道路全面にわたってガラスやバンパー等が散乱しており、事故であることを確認して急いで減速。
大破した軽自動車を過ぎた辺に車を止めると、軽自動車からおよそ100m前方に別の自動車がこちらを向いて止まっていました。
最初に見えた光はこの車のヘッドライトで、どうやら乗用車2台による衝突事故の様子。

正直高速道路上に車を止めるのは躊躇われましたが、ここまで来る間に私の前にも後ろにもほかの車は一切無く、
現場も私が第一発見者だった様なので、事故ってる2台の間に車を止めて110番&119番。

最初に119通報したときは管制係員(無線でよく聞く声の人)から
「当事者から道路公団に通報があって、負傷者はなしとのことです。ご協力ありがとうございました。」
と言われ一安心。続いて警察に通報するも、
「車を降りれるなら降りて、停止表示版などを置くように言ってきてください」と。
これまた高速上に降りることは躊躇われましたが、トンネル内は明るい&端に安全な通路がある&交通量が少ない為いけると判断。

確かに事故車の手前には発炎筒も停止表示版も置かれておらず危険だった上、
当事者の方が通路に上がっていたので全員降りて事情を聞きに行くことに。
同乗の友人2人には前方の車の様子を見に行くように伝え、私はいつも携帯しているライトで後続車に合図を送りながら、
私の車の発炎筒を持って後の軽自動車へ。軽の後方に発炎筒を置くと同時に、当事者の女性二人の安否を確認。
どうやら二人共軽自動車の乗員で、幸い怪我はなく、近くにあった非常用電話から通報したようです。
しかし通路上に上がっているのは見渡してもこの二人のみ。てことはもしかして・・・
と、思っていたらもう一台を見に行った友人から電話で「こっちの車内に怪我人がいる」と。
さっきの消防に入っていた怪我人なしの情報は、軽の人達が自分たちは大丈夫だと公団に通報=けが人なしとされていた様だ。
再度119番通報をしながら急いで向かうと、運転席で若い男性が前額部から血を流し、首の痛みを訴えていました。

なんとか意識はあったので名前と年齢、他に痛いところはないか等を聞き、とにかく頭を動かさないようにと。
意識レベルが下がる可能性もあるため、傷病者に常に話しかけ続けるよう友人に指示し、
私は後続車への合図を続けるとともに、現着した警察の誘導、消防への再通報等を実施。
これがまたトンネル内なためパトカーのサイレンがやたらうるさくて管制係員の声がまったく聞こえず。
この間一切会話は出来ず、情報の伝達に遅れがでてしまいました。くそ、忌まわしきパトカーめ。

そこから先は現着した警察と道路公団による交通整理が行われ、私も発見通報者として色々聞かれました。
そうこうしているうちに、西92と西3が現着。閉じ込めは無いと伝えていたので支援救急で掛かったみたいです。
「救急車は待っていると長い」とはよく言いますが、本当に長かったですね。
特に鳴門道の布施畑IC手前なんて辺鄙なところ、余計時間がかかる場所でしたからね。
そのあとも警察から色々色々聞かれ、最後に使った発煙筒の代わりに警察用の大きい発炎筒を貰って現場をあとにしました。


それにしてもまさかあんな交通量の少ない状況で衝突事故に出くわすとは。
ちらっと当事者に聞いた話によると、どうやら普通車の男性がシフト操作に気を取られ、軽自動車に後ろから突っ込んだらしい。
それで跳ね飛ばされた軽は側壁に激突しながら停車、普通車も激突を繰り返し、前後逆になって止まったようです。
推測ですが、たぶん普通車のほうは結構速度が出ていたんじゃないかとおもいます。
ただこのような事故にも関わらず、幸いにも3名とも命に別状はないようです。
また事故が起きたのが夜でも明るくて認識しやすく、安全な通路(避難場所)がある〝トンネル内”であったことも幸いでした。
これが暗くて通路もない普通の高速道路上、橋の上などであれば、二次災害等の発生も考えられたでしょう。

みなさんも、車を運転される際は是非とも安全に気をつけて運転をお願いします。
今回のような事故は運が良かっただけかもしれません。高速のトンネル内で壁に激突したら普通なら高確率で死にますよね。
一人で勝手に飛ばして一人で事故って死んでも自業自得と言う人もいますが、
そのあと他人を巻き込む可能性が非常に高く、簡単に言えば他の人に大迷惑です。
自分ひとりなら事故ってもいいと思ってる人がもしいるならば、そんなことはありません。
まずは自分の命を大切にしてください。

これからも車の運転には十分に注意しながら、危ないと思ったらすぐに対応できるよう安全運転をお願いします。



・・・最後に・・・
事故を目撃・事故を起こした時

・事故った場合、動けるのであれば通報を行い、すぐに発炎筒等を車両の後方離れた位置に置いて自分は避難してください。
・けが人が完全に居ないとわかっている場合以外は、まず119番通報をしてください。 警察はそのあとで結構です。
 人命は何よりも優先されます。〝警察よりも先に消防に救急車の手配を要請”してください。
・事故に出くわして止まれずに通過した場合も、119番通報と110番通報はしてあげてください。
・高速道路や幹線道路上では、むやみに車を止めたり車から降りたりしないでください。
 特に夜間は大変危険なため、安全が確保できる状況でない限り、そのまま通過して通報のみ行ってください。
・高速道路上には緑地に白字や、白地に緑字で「○○.○」と数字の書かれた小さなキロポスト標識があります。
 これは場所を表す道しるべであり、通報時は出来るだけこれを見つけてこの数字を伝えるようにしてください。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kobe119.blog122.fc2.com/tb.php/228-5bb21c9b

全国統一防災標語
消したはず 決めつけないで もう一度
神戸市防災標語
火の用心 わが家 わが町 わが職場

神消北33

Author:神消北33
神戸市消防局を中心に、消防車の撮影をしています。

今は管理人ブログとして運用しています。

表示テスト中

当HPは私神消(しんしょう)北33が、個人的趣味で運営している神戸市消防局情報写真館の管理人ブログであり、神戸市消防局様とは一切関係のない非公式ブログです。

名前の「神消北33」は、家の近くの北神分署の救助工作車の車体番号からつけさせて頂きました。あくまでH.Nとして使用しているだけですので、実際の北33とは一切関係ありません。

内容に間違いが御座いましたら、ご連絡いただければ幸いです。

画像の著作権は、神戸市消防局情報写真館(神消写真館)の管理人にございます。無断転載はご遠慮ください。
※個人で楽しむ範囲であれば構いませんが、公開・再配布等はご遠慮下さい。
もし何かしらの理由で当サイトに掲載されている画像を使用したい場合は、管理人へご一報ください。

リンクにつきましては、出来るだけ相互リンクでお願いします。

ご連絡は、情報写真館のメールフォームからお願い致します。

※一日に複数回アクセスしても 一日1回しかカウントされません

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。