神戸市消防局 情報写真館 管理人ブログ

神戸市消防局情報写真館の管理人ブログです。 新HP「神戸市消防局情報写真館」も、略称は今まで通り「神消写真館」です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご無沙汰しております。
携帯の画面のど真ん中に3本の縦線が現れた、北33です。(原因不明)

気がついたらまた1ヶ月も更新出来ていませんでした・・・申し訳ありません。
まず初めに、ボランティアの記事にコメントを下さった方、及びブログ拍手や拍手コメントを下さった方々、
本当にありがとうございました。私的な理由で返信が出来ませんでしたこと、深くお詫び致します。
今後とも募金活動やボランティア活動などを通して、被災地の復興に協力させて頂きたいと思います。


では、今回の記事を。
さてさて、ブログを更新していない間にも、色々な事がありました。
ホームページに関して言えば、神戸市各消防署トップの地図を新しい物に変更し、
トップページをはじめ、各ページの一番上に表示されるサイト名もデザインを変更しました。
神戸消防の出来事で言えば、小型ポンプ車の入札と消防艇の入札がありましたね。
と言う訳でその消防艇について調べてみたところ、概要が少し分かってきましたので紹介します。

まず今回更新されるのは、昭和57年(1982年)に建造され、
現在29歳の化学消防艇「くすのき」(神消水上39)
さすがに老朽化が進み、新しく建造されることが決まりました。
入札の結果、2億円強で落札となり、2011年末までに配備される予定です。
一時は消防艇に更新するのは金が掛かりすぎる為、「2~3人乗りのジェットスキーに変更しようか」
と言う話もあったようですが、結局そのまま消防艇にするようですね。
しかし今のような大きな船体ではなく、機動性を重視した19トンと言うサイズになるようです。
それにより、新・くすのきは現在の2倍の速度(24ノット)で航行することが可能だそうです。
また、神戸港に入港する一番大きな船の火災にも対応出来る様、毎分4,000Lの放水が可能な放水砲が2門設置され、
泡消火用に泡消火薬剤2,000Lも積載するとの事です。
放水砲の数は今よりかなり少なくなりますが、それでも良いとの判断なのでしょう。まぁ金もありませんし・・・。
あと、航続距離も現在より長くなり、大阪や堺市方面だけでなく姫路市辺りまで行けるようになるそうです。

そして!
今回の消防艇建造で、一番気になったのが運用方法の変更について。
なななんと!消防艇2艇同時運用が計画されている様です!
まぁよくよく考えれば、港湾都市である神戸で2艇持っていながら1艇しか出動出来ないのは良いとは言えないですからね。
と言うことで、2艇同時運用が決定すれば、水難救助や船舶火災にも初動時から2艇とも出動するそうです。
しかし!ただでさえ人手不足なこのご時世、そんな人員どこから確保するのでしょうか・・・?
思い切った決断を下した神戸消防ですが、個人的にはその前に専任救助隊の5名乗車を確立させてほしいところですね。


さて、全く話が変わりますが、今年は救急の出動件数がかなり多くなっています。
昨年度はギリギリ7万件以下でしたが、今年度は7万件に達する事が(ほぼ)確実となっています。
救急需要が年々増加する中、救急隊数はギリギリの状況です。
神戸消防としても頭を悩ませる事態の様ですが、人手不足の中、救急隊増設にはまだ踏み切れない様子ですね。
まぁ無理もないでしょう。もう1隊増設するとなると、救急隊3人×3部+救急車代+養成費が必要ですからね。


そしてそして、またまた話が変わって、昨日のこと。
昨日はやっとゆっくり時間が取れた為、朝から晩まで一日中消防署巡りに費やす事が出来ました。
初めに中央消防署で朝の点検を撮影させて頂き、その際何名かの隊員さんにお話しを伺うことが出来ました。
新たな情報をたくさん伺い、新事実も発覚。しかし、また私の悪いところが・・・
そう、私は「話が長い(質問が多い)」「話を終わらせられない」という、超迷惑な人間なのです。
これには自覚があるので毎回気を付けてはいるのですが、気がつけば長い時間お話しをして頂いてて・・・
毎回お話しを終えてから、「また長いこと話してしまった・・・と、反省と申し訳ない気持ちでいっぱいになります。
そして、「次こそは気を付けるぞ」と心に決めて、電車にて東灘消防署へ。
こちらでは十数人の隊員さん方がホースの点検を行っておられました。
お忙しい様子でしたので、撮影と記録を済ませて長田消防署へ。

地味に今まで未撮影だった長田10を撮影し、「そろそろ次の署へ移動しようかな」と思って救急車のある側の車庫へ。
そこでふと、「神戸の救急出動で、指令が流れる所から撮ったこと無いなぁ」と思い、
ビデオカメラを取り出して柱の陰から車庫内スピーカーに向けて指令が流れるのを待ってみることに。
「長田は出動多いから、もしかしたら撮れるかもしれないな」と思い待っていたが・・・
・・・10分経過。喉が渇いたが、お茶を買いに行っている間に指令が流れる可能性があるので我慢。
・・・30分経過。声が入るといけないので、しゃべるわけにもいかず、立ち尽くしているしかない。
・・・1時間経過。さすがに手と脚が疲れてきたが、ここまで来れば指令が流れるまで待ってやろうと決め込む。
・・・2時間経過。バッテリー切れ。それと同時に撮影を諦め、予定より1時間30分遅れで須磨消防署へ。
いやぁ、本当に平和な時間でした。無線もかなり静かでしたね。時間帯もあるのかな?

と言うわけでその後は須磨へ移動し、9時ぐらいまで出待ちした後、帰路につきました。
久々の撮影でしたが、なんだか色々変わっていましたよ。
あ、あと長田30でもライフゼムA1の使用を確認しました。やはり専救にのみ配備で間違いなさそうですね。
神戸消防もなんでまた今になってA1を導入しようと考えたんでしょうかね?値段が安くなったのだろうか?



今日の画像は夜の須磨消防署。
夜の消防署が好きな私としては、シャッターの無い署はありがたいですね。

IMG_8842.jpg

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kobe119.blog122.fc2.com/tb.php/210-dc64b2cd

全国統一防災標語
消したはず 決めつけないで もう一度
神戸市防災標語
火の用心 わが家 わが町 わが職場

神消北33

Author:神消北33
神戸市消防局を中心に、消防車の撮影をしています。

今は管理人ブログとして運用しています。

表示テスト中

当HPは私神消(しんしょう)北33が、個人的趣味で運営している神戸市消防局情報写真館の管理人ブログであり、神戸市消防局様とは一切関係のない非公式ブログです。

名前の「神消北33」は、家の近くの北神分署の救助工作車の車体番号からつけさせて頂きました。あくまでH.Nとして使用しているだけですので、実際の北33とは一切関係ありません。

内容に間違いが御座いましたら、ご連絡いただければ幸いです。

画像の著作権は、神戸市消防局情報写真館(神消写真館)の管理人にございます。無断転載はご遠慮ください。
※個人で楽しむ範囲であれば構いませんが、公開・再配布等はご遠慮下さい。
もし何かしらの理由で当サイトに掲載されている画像を使用したい場合は、管理人へご一報ください。

リンクにつきましては、出来るだけ相互リンクでお願いします。

ご連絡は、情報写真館のメールフォームからお願い致します。

※一日に複数回アクセスしても 一日1回しかカウントされません

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。