神戸市消防局 情報写真館 管理人ブログ

神戸市消防局情報写真館の管理人ブログです。 新HP「神戸市消防局情報写真館」も、略称は今まで通り「神消写真館」です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
えーっと・・・はい、ごめんなさい。
お待たせしすぎました。申し訳ありません。
言い訳をしても仕方がないので(汗)
本当に申し訳ありませんでした。


さて・・・1ヶ月半ほど経ってしまった訳ですが、その間にも色々ありまして。
ハッキリ言いまして、「ほとんど覚えてない」です(おいw
とりあえず覚えてる分を箇条書きにしてみます。

・10月17日、神戸空港の「空の日イベント」にて、空港消防を取材してきました。
・その帰りに、水上消防署にて水上30と長田30による「夜間潜水訓練」を撮影。
 ウェットスーツが新しくなっていました。
・神戸市役所にて50m級梯子車の仕様書の公開を申請し、2週間後ぐらいに受領してきました。
 車両は予想通り中央18ですが、詳細は記載できません。イメージとしては、四日市市の梯子車と同じ感じです。
・10月15日分の入札結果に、小型ポンプ車、CAFS付小型タンク車、査察広報車を確認しました。

そして先日、兵庫県広域防災センターで行われた「平成22年度 神戸市消防局 消防総合錬成会」を見てきました。
詳細を書くと非常に長くなりますので割愛させて頂きますが、昨年同様なかなか良かったですね。
車両待機場所には本当に多くの隊員さんが集まっておられました。私がカメラを向けると敬礼して下さったり(驚)
他にも以前お世話になった隊員さんや、お顔を知っている隊員さんも何人か居られました。

それにしても、今年は昨年みたいに寒くなかったのが幸いでした。前回は手も身体も震えて大変でしたからね。
見学場所は相変わらず遠く、活動箇所も複数で分散しているため、非常に撮影し辛かったですが(苦笑)
去年と違う点と言えば、レインコートの色が水色から黄色になっていました。こっちの方がかなりカッコイイ!
でも背中には防火服と同じデザインの「KOBE 神戸市消防局」の文字が。うーん、これは要らなかった様な(笑)
あと、指揮隊のしころが、東灘だったら今までの「東灘」から「東灘指揮」に変わっていました。
中隊長、指揮隊長、指揮隊員共に「○○指揮」に変更され、北神中隊長も「北神指揮」になっていました。

そういえば、この日は何度か隊員さんの方から話しかけて頂きまして、なんとその中には本部指揮隊の方も。
その方には、「この前の長田の工場火災で、神消2、22に加えて神消26が出動してたのが不思議だと
ブログに書いていたけど、あれは神消26には排煙機を積んでるからなんだよ。そういう運用もあるんだよ。」
と、教えて頂きました。いきなり話しかけられたので内心とてもビックリしていたのですが、とても良いお方でした。
当日は現地にて西95さんとお会いして撮影していたのですが、途中で細腕奮闘記のytikさんに話しかけて頂きました。
実はその前から「あの人はもしかしたら細腕奮闘記の管理人さんじゃないですかね?」と話していたのですが(笑)
あと、以前から掲示板に書き込みして頂いている1191様からも事前にメールフォームからメールを頂いており、
当日の格好を教えて頂いていたのですが、撮影でお忙しいご様子でしたので、お声かけは控えさせて頂きました。
他に会ったと言えば、何故か芦屋市消防本部の救助隊員さんがいらっしゃいました。見学でしょうかね?

訓練終了後は、通用門と付近交差点にて車両の出待ちへ。
そそくさと帰って行ってしまった車両は撮り損ねましたが、残りの車両は無事撮影出来ました。
それもまた嬉しい事ばかりでして・・・
例えば、隊長席の窓から「消防官になれるよう頑張れよ」とお声かけ頂いたり、クラクションを鳴らして頂いたり、
赤色灯を点けて頂いたり、はたまたモーターサイレンを踏んで下さったり。とっても感動的な時間でした。
本当に、ありがとうございました。(神消22の流し撮りに失敗したのが本当に悔しい。。。)

と言うのが土曜日の話。
ここから先は、以前から話題に出ている「レスキューロボット」の話を書きたいと思います。
(「え?これまだ続くの?」と思った方は大正解。でも、もう少しお付き合い下さい。)


今年の9月1日付けて神戸市消防局に貸与されたレスキューロボット「UMRS2009」
これは国際レスキューシステム研究機構(IRS)から「実践配備に向けた改良改善」を目的に貸与された物で、
昨年度の「救助資機材の高度化等検討会」にて特別高度救助隊や高度救助隊は地域実情に応じて、
検知型遠隔探査装置を備えるように省令改正がなされた事がきっかけとなっています。
「検知型」とあるだけあって、東京消防のロボキューの様に直接的に人命救助が行える訳ではありません。
本体には温度センサーやCO2センサー、可燃物センサー等が内蔵されていて、操作卓にて確認する事が出来ます。
また、本体上部が平面なため後付けでの各種機器の搭載が可能となり、オプションでドア開放装置等が用意されています。
大きさは人間が背中に背負える程度でありながら、重量は23kgと軽量。40kgまでの物が積載でき、
専用の装置を取り付ければ22kgまでの物が牽引できます。最高速度は時速5km、45度の角度までなら登ることが出来ます。

とまぁ、見た感じでは「お、使えそうかな?」と言う感じですが、遠隔操作出来る距離は数百メートル。
建物の中や地下などでは50mも届かないのが現状だそうです。この点について開発者の方に伺ったところ、
「現段階では無線操縦用の電波の使用許可が下りず、やむを得ず無線LAN用の電波を用いている為」だそうです。
この点はまだまだ改良が必要だと仰っておられました。
また、「防爆性」についても伺いましたが、「ある程度の防爆性はあるものの、完全に防爆仕様ではない。」
との事で、可燃性ガスが充満している様な場所での使用を想定すると、こちらもまだ改良する必要がある様です。
走破性や堅牢性の面ではなかなかの物だそうですが、それでも改良の余地はまだまだあるようですね。

そして、ここからは皆さんが思われているであろう事。「で、実際現場で使えるの?」と言う点を。
・・・ハッキリと言いまして、現段階で現場で使用出来るレベルの物かと言えば、「そうではない」ようです。
実際、仮に電波が500m届くようになっても、BC(生物・化学)災害であれば陽圧服を着ていればほぼ無敵であるし、
さっさと進入&検知を行い、漏洩防止&救出活動を行ってしまった方が、要救助者の為にもなります。
N(放射能)災害であれば少しは話が別なのかも知れませんが、現段階では人間が活動した方が早いし確実です。
可燃性ガスが充満していて爆発の危険があるとなれば、これまた話が別かもしれません。
ですが、やはり本当に完璧な防爆性が無ければ、そんな所に電子機器を放り込む訳にはいかないでしょう。

しかし!ここで勘違いしてはいけないのが、今回の貸与目的は、
あくまで「試験的に使ってもらって、改善点を見つける事」です。
今、水上消防署の水上30小隊が定期的にロボットの性能検証を行っています。
この検証の結果が、この先のロボット開発に生かされ、この先もっと高性能なレスキューロボットが出来た際に、
一人でも多くの人の命を救ってくれる事を願いたいと思います。




それでは、神戸空港消防隊・夜間潜水訓練・レスキューロボット・錬成会の模様を一気にどうぞ!
たぶん結構な枚数だと思いますので、どうぞごゆっくりご覧下さい。
(ちなみに、私は基本的にトリミングはしない主義ですので、被写体が小さく映っている場合はご了承下さい。)


IMG_2242.jpg

IMG_2244.jpg

IMG_2250.jpg

IMG_4342.jpg

IMG_4420.jpg

IMG_4424.jpg

IMG_5076.jpg

IMG_5091.jpg

IMG_5107.jpg

IMG_5172.jpg

IMG_5326.jpg

IMG_5395.jpg

IMG_5404.jpg

IMG_5444.jpg

IMG_5550_20101122214752.jpg

IMG_5551.jpg

IMG_5553.jpg

IMG_5581.jpg

IMG_5610.jpg

IMG_5630.jpg

IMG_5640.jpg

IMG_5667.jpg

IMG_5674.jpg

IMG_5690.jpg

IMG_5755.jpg

IMG_5765.jpg

IMG_5808.jpg

IMG_5843.jpg

IMG_5855.jpg

IMG_5883.jpg

IMG_5923.jpg

IMG_5946.jpg

IMG_6062.jpg

IMG_6077.jpg

IMG_6188.jpg

IMG_6334.jpg

IMG_6377.jpg

IMG_6229_20101122215125.jpg



あ、そうそう!西95さんから、「防災センターに海水システム車が届いたらしい」との情報を頂きました。
どうやら配備先は防災センターではないそうですよ?気になりますねぇ。近いうちに取材してきますね!

コメント

レスキューロボの記事楽しみにしていました。
第一印象は、足回りのキャタピラは要検討なのかなぁと思いました。
場所や状況によってはガラスや鋭利なものが落ちているかもしれないですし、堅牢性が。。。
と思ったのですが、その辺も合わせて検証されるでしょうね。

神戸空港の取材、ご苦労様でした。
私も昨年、行きましたが、やっぱり空港用消防車だけあって、迫力が違いますね。
それに驚いたのが従事されている方が警備会社のサラリーマンの方だということ。
もちろん、それなりの訓練などは積まれておられると思いますが、驚きました。

それから、一番最後のホースの写真。
イイですね。
僕も撮影できるときは、撤収作業をされている隊員さんと合わせて撮ったりするのですが、
なかなかいい絵にならないんですよね。
参考にさせていただきます。
これは随分とローアングルで寄っておられるようなので水がかかったりしませんでしたか?

管理人

>消防小僧 さま

お返事が遅くなりまして申し訳御座いません。
レスキューロボの記事、大変お待たせ致しました。
このロボットは貸与前からお目に掛かる機会があり、開発者の方々とお話することが出来たのですが、
どうやらここも例の事業仕分けでかなり予算が削減されたそうですよ。いやぁ、参りますね。

空港消防、私も驚きました。しかも朝6時から夜10時までとは、かなりハードですよね。
画像にもある車止めの大きさにも驚きましたが(笑)

お褒めの言葉、ありがとう御座います。
実はこの写真、「あ、チャンス!」と思ってパッとしゃがんで3、4枚撮っただけなんですよ。
本当に、たまたま撮れたと言う感じです。
なので、寄りはしましたが、水がかかるほどローアングルで撮った訳でもないんです(苦笑)

そうなんですか、国民の安全を守る消防の予算まで削られると、作れるものも作れなくなりますね。

いいえ、とんでもないです。
そうでしたか、てっきり狙って撮影されたものかと思っていました。

管理人

>消防小僧さま

かなり返信が遅れてしまいまして、申し訳ございません。
削減するものとしないもの、もっと良く見極めてほしい物ですよね。

いや、もちろん全く狙っていない訳ではありませんよ(笑)
と言うのもホース内の水が残り少しでしたから、構図を考えている暇がなかったのです。
なので、「これでいっかな」って感じでパッと撮った結果、それがたまたま上手く撮れただけと言う訳です(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kobe119.blog122.fc2.com/tb.php/189-e31cee70

全国統一防災標語
消したはず 決めつけないで もう一度
神戸市防災標語
火の用心 わが家 わが町 わが職場

神消北33

Author:神消北33
神戸市消防局を中心に、消防車の撮影をしています。

今は管理人ブログとして運用しています。

表示テスト中

当HPは私神消(しんしょう)北33が、個人的趣味で運営している神戸市消防局情報写真館の管理人ブログであり、神戸市消防局様とは一切関係のない非公式ブログです。

名前の「神消北33」は、家の近くの北神分署の救助工作車の車体番号からつけさせて頂きました。あくまでH.Nとして使用しているだけですので、実際の北33とは一切関係ありません。

内容に間違いが御座いましたら、ご連絡いただければ幸いです。

画像の著作権は、神戸市消防局情報写真館(神消写真館)の管理人にございます。無断転載はご遠慮ください。
※個人で楽しむ範囲であれば構いませんが、公開・再配布等はご遠慮下さい。
もし何かしらの理由で当サイトに掲載されている画像を使用したい場合は、管理人へご一報ください。

リンクにつきましては、出来るだけ相互リンクでお願いします。

ご連絡は、情報写真館のメールフォームからお願い致します。

※一日に複数回アクセスしても 一日1回しかカウントされません

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。