神戸市消防局 情報写真館 管理人ブログ

神戸市消防局情報写真館の管理人ブログです。 新HP「神戸市消防局情報写真館」も、略称は今まで通り「神消写真館」です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お久しぶりです、北33です。

今日はちょっと書く時間が無いので報告だけ。
1週間不在にしておりましたが、無事帰宅しておりますので、更新を再開致します。
皆様には長い間お待たせしてしまい、申し訳ありませんでした。
あと、25日は約束通り北神分署に行って参りましたので、その時の様子はまた後日。
ではでは、ちゃんとしたブログはまた明日書きますので、もうしばらくお待ち下さい。

文字だけではなんなので、北17のバスケットとリフター使用の様子をGIFアニメにしてみました。
FC2ブログの関係上、500KBに納めないといけないのでかなり小さな画像になってしまいました(汗)

basuketto.gif


rihuta-.gif


コメント

2-CX

こないだ兵庫県でCSRの訓練があったみたいですが詳しくわ分からないのですが、長時間狭いスペースに閉じ込められた要救助者を救助するみたいなよく分からなくてもしよろしければ教えてもらえないでしょうか?

管理人

お返事が大っっ変遅くなりまして、本っっ当に申し訳ありません。

CSRとは、Confined Space Rescueの略で、瓦礫の下などの閉所空間からの救出活動の事です。
震災などでの瓦礫下からの救出には、多くの難点があり、簡単にはいかないようです。
崩落の危険がある場所では、専用の機材の他に木材などを使って救出口を固定する必要がありますし、なんと言っても医師との連携が大切です。
あの脱線事故以来注目されたクラッシュシンドロームも気にしなければいけませんし、四肢が挟まれていて救出できない様であれば、医師に現場まで来てもらって腕や足をその場で切断する事も視野に入れなければなりません。
その場で医師による適切な処置が行われていれば防ぎ得た死を減らすために、消防と医療チームの連携が今まで以上に重要視されるようになりました。
しかしDMATなどの医師に瓦礫の下に入ってもらう事は容易ではなく、そのためにはそれをサポートする救助隊にかなりの負担が掛かります。
閉所からの救出には時間を要す上に、活動も制限され、使用できる資器材も限られます。その様な状況にもきちんと対応出来るようにするために、全国各地で訓練が行われています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kobe119.blog122.fc2.com/tb.php/175-7f89196f

全国統一防災標語
消したはず 決めつけないで もう一度
神戸市防災標語
火の用心 わが家 わが町 わが職場

神消北33

Author:神消北33
神戸市消防局を中心に、消防車の撮影をしています。

今は管理人ブログとして運用しています。

表示テスト中

当HPは私神消(しんしょう)北33が、個人的趣味で運営している神戸市消防局情報写真館の管理人ブログであり、神戸市消防局様とは一切関係のない非公式ブログです。

名前の「神消北33」は、家の近くの北神分署の救助工作車の車体番号からつけさせて頂きました。あくまでH.Nとして使用しているだけですので、実際の北33とは一切関係ありません。

内容に間違いが御座いましたら、ご連絡いただければ幸いです。

画像の著作権は、神戸市消防局情報写真館(神消写真館)の管理人にございます。無断転載はご遠慮ください。
※個人で楽しむ範囲であれば構いませんが、公開・再配布等はご遠慮下さい。
もし何かしらの理由で当サイトに掲載されている画像を使用したい場合は、管理人へご一報ください。

リンクにつきましては、出来るだけ相互リンクでお願いします。

ご連絡は、情報写真館のメールフォームからお願い致します。

※一日に複数回アクセスしても 一日1回しかカウントされません

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。