神戸市消防局 情報写真館 管理人ブログ

神戸市消防局情報写真館の管理人ブログです。 新HP「神戸市消防局情報写真館」も、略称は今まで通り「神消写真館」です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
撮影してるときに、「今日のブログはこんな感じで書こう」と思ってたアイデアが、昼寝によって消失した、北33です。
いやぁ~、何をネタに書こうと思ってたんだっけなぁ・・・わからん・・・わすれた。。。

でも、話のメインはこれですね。特別高度工作車。ついに、垂水消防署に配備されました。
ウォーターカッター装置と大型ブロアー装置などを備えた車両で、総務省消防庁から貸与された車両です。
数年前から4、5台ずつに分けて全国の政令指定都市に配られ、今回やっと神戸市の番が回ってきました。
投光器がLED化され、赤色灯もオールLED。車両側面には作業灯が設置され、ボックス裏には「特別高度工作車」の文字が。
スピーカーからは「こちらは消防署です、~」と言う自動音声広報も可能。正直この機能は要らなかったんじゃないかと。
今回の分の貸与では、千葉市や京都市、堺市にも配られたようで、すべてISUZUフォワードベースの様です。
車体番号は垂水31で、垂水30小隊が兼務するとの事です。恐らく分乗する事になるのでしょう。
予想通り、今まで垂水120の居た所に入り、垂水120は旧垂水31が居た訓練塔裏へ移動。
そして、垂水60が居た所には旧神消2が垂水70として配置され、垂水60は救急車の隣へ移動していました。

いやぁ、ついに垂水にも指揮隊が整備されましたね。それにしても旧神消2、また使いまわされたのか(笑)
てっきり引退したと思ってたよ(苦笑) 神消2→須磨70→垂水70か、頑張るなぁ。
てか垂水70、どうしてそんな出にくい所に置くんだろう、むしろ救急車の横の方が良いんじゃないかな?

そしてそして、「これはもしかして東灘にも指揮車が入ったんじゃね?」と思い、東灘消防署に行ってみると・・・
居ました居ました、東灘70。旧神消88の車体番号シールが剥がされ、フロントに東灘70の文字が。
これで全署(水上を除く)に署指揮隊が配置されたんだなぁとか思っていると、静かだったイヤホンが急に元気に。
消防隊員なら体がビクッと反応してしまうと言う予告指令喚起音が、俺の左耳で鳴り響く。
「頼むから東灘は来ないでくれよ・・・?」そう、実は今日に限ってビデオカメラを家に忘れていたのだ。
予告指令が終わり、慌しくなる受付。・・・東灘管内(´・ω・`)
そして車庫内に鳴り響く高層建物火災指令。準備するカメラが無いので仕方なく携帯で撮影するも、音割れがやべぇ。
管制システムのメンテナンス中だったのか、珍しく読み上げ指令が行われ、出動隊を確認。
目の前で東灘3、17、33、70、神消94(東灘90の代車)の出動を見送り、仕方が無いので住吉駅へ。
その後は北消防署に寄って帰宅。このころになると雨が激しくなり、体に当たってバチバチと音を立てるほど。

帰ってからすぐにブログ&HPを更新しようと思ったのだが・・・
垂水の始業点検に間に合うように徹夜していたので、眠気がMAX。そのまま眠ってしまい、今と言う訳です。
せっかくの新車、少しでも早くご紹介したかったのですが、ちょっと遅れてしまいました。
ちなみに、今日は垂水31だけで400枚以上撮影していた様で・・・フィルムだったら破産ですね(苦笑)


ではでは、私のどうでもいい日記より写真の方が見たい方が大半だと思いますので、今日は早めに切り上げます(笑)
ちなみに、特別高度工作車の運用開始はまだの様です。垂水70、東灘70については運用開始していました。




IMG_7241.jpg

IMG_6870.jpg

IMG_7095.jpg

IMG_6909.jpg

IMG_6999.jpg
IMG_7150.jpg

IMG_7177.jpg

IMG_7189.jpg

IMG_7184.jpg

IMG_7167.jpg

IMG_7156.jpg

IMG_7172.jpg

IMG_7161.jpg

IMG_6977.jpg

IMG_6972.jpg

IMG_6898.jpg

IMG_7126.jpg

IMG_6843.jpg

IMG_6920.jpg

IMG_7211.jpg

IMG_7265.jpg

コメント

どうもお久しぶりです。
初めて書き込みをさせていただきます。
いつも拝見させていただいているのですが、コメントをしなくてすみません。

特別高度工作車かっこいいですね!
僕もまた、神戸の方に行く時にぜひ見たいと思います。
まだ、モーターサイレンにビニールのカバーがかかってますね

山手救急隊

おぉ~!ついに配備されましたかぁ!なかなかなもんですねぇ!垂水30と分乗ですか;垂水と東灘にも指揮隊が出来たんですね!やはり元神消2と神消88使うんですね;来年度予算で指揮車購入ですかね(^-^)

生田17

お久しぶりです。
写真拝見しました!やっと入ったって感じですね◎

赤色灯オールLEDは救急車以外では神戸市初ではないでしょうか。どんな点き方なのか楽しみです◎

遂に配備されましたね!

正直に言うと、それ程消防車自体に詳しくないので、Jレスキュー3月号に載っていた横浜安全管理局の活動記録で勉強しました(笑)

管理人

>緊車ファン さま
お久しぶりです。
いつもお越しいただき、ありがとうございます。
そうですね、まだ運用は開始していない様ですからね。
見慣れない車両なので、かなり新鮮ですよねぇ。
個人的には、以前横浜などに貸与された時の、
ファイターベースの方がかっこいいと思います(笑)

>山手救急隊 さま
そうですねぇ、神戸市2台目の新型フォワードですね!
指揮隊も結構無理して作ったみたいですけどね・・・
指揮隊長1人×3交代×垂水署+東灘署=6人
この人手不足&財政難の厳しい状況の中で・・・
指揮車は来年度予算で入れば御の字ですね(笑)

>生田17 さま
そうですね、恐らく神戸市初のオールLEDですね。
点き方は・・・言葉では説明しづらいですね(笑)
是非、生で見てきて下さい、結構大きい車両でしたよ。
私も今度は全景を撮影したいものです。

>ytiik さま
待ちに待った、という感じですね。
私も以前、Jレスキューで読んだことがありますが、
この車両は本当に使用機会が限られますね。
陽圧換気にしても、様々な条件があるみたいですし、
ウォーターカッターは使うかすら分かりませんね(苦笑)

管理人様に質問なのですが、あの「陽圧換気」とはどういうことなのでしょうか?
Jレスで読んでもわかりませんでした。扇風機のように風を送って強制的に煙・熱気を排出するのは「陽圧換気」でない!というところまではわかったのですが……。

管理人

そうですねぇ、私も完璧に知っているわけではないのですが・・・
たとえば、空気呼吸器のタイプで「プレッシャデマンド形」と呼ばれる物があります。
これは面体(マスク)内を陽圧に保つことにより、顔との間に隙間があっても外気の侵入を防ぐことが出来ます。
つまり、外気より気圧が高いので、外気が入ってこないと言うことです。

気圧は高いところから低いところに移動しますよね。陽圧換気はこの関係を利用した物です。
まず、煙の充満した室内にブロアーで風を送り込みます。このとき、風を送る先の開口部が大きすぎたり複数あると、
送り込んだ空気が開口部から出て行くと言う空気の流れが出来てしまい、陽圧になるどころか火に油を注ぐような物です。
しかし、開口部が適度に狭ければ、空気の流れは抑えられます。でもブロアーで強制的に風を送り込み続けているので、
徐々に室内の気圧が外よりも高くなります。すると、中の空気は気圧の低い方、つまり部屋の外へ出ようとします。
この時、煙や熱気も同時に排出されると言うわけですね。
そしてブロアーで風を送り込んでいる方からは出れないので、もう一方の開口部から一気に吹き出すと言うわけです。
条件がそろっていない状況でただ風を送り込むだけでは余計に火が大きくなるだけですが、この方法の場合、
内部は外より気圧が高いだけですので、室内では風の流れはほとんど起きません。
なので、ブロアーで風を送り込む事によって火が大きくなると言う事は(ブロアーの直前でない限り)ありません。
Jレスに書いてあった「東京ドームの中では風を感じないけど、出入り口では風を感じる」と言うのが、まさにこの事ですね。

このように、細かい条件がそろわないと実施することが出来ない方法ですが、うまく出来ればかなり有効ですね。
分かりづらい文面になってしまいましたが、解読して頂ければ幸いです。

>管理人様
非常に丁寧な解説、本当にありがとうございます!

そういうことだったんですね。風を単純に送り込むだけなら延焼を促進させる可能性があるということにも初めて気付きました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kobe119.blog122.fc2.com/tb.php/170-30834bb5

全国統一防災標語
消したはず 決めつけないで もう一度
神戸市防災標語
火の用心 わが家 わが町 わが職場

神消北33

Author:神消北33
神戸市消防局を中心に、消防車の撮影をしています。

今は管理人ブログとして運用しています。

表示テスト中

当HPは私神消(しんしょう)北33が、個人的趣味で運営している神戸市消防局情報写真館の管理人ブログであり、神戸市消防局様とは一切関係のない非公式ブログです。

名前の「神消北33」は、家の近くの北神分署の救助工作車の車体番号からつけさせて頂きました。あくまでH.Nとして使用しているだけですので、実際の北33とは一切関係ありません。

内容に間違いが御座いましたら、ご連絡いただければ幸いです。

画像の著作権は、神戸市消防局情報写真館(神消写真館)の管理人にございます。無断転載はご遠慮ください。
※個人で楽しむ範囲であれば構いませんが、公開・再配布等はご遠慮下さい。
もし何かしらの理由で当サイトに掲載されている画像を使用したい場合は、管理人へご一報ください。

リンクにつきましては、出来るだけ相互リンクでお願いします。

ご連絡は、情報写真館のメールフォームからお願い致します。

※一日に複数回アクセスしても 一日1回しかカウントされません

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。